HOME > 2つのシステム

 

  予算会計エクスプレスとは
   
  製品サイトへ
 
2つのシステム
   
btn_siryoseikyu
btn_seminar




鉄鋼商社の経理マンを経て、会計士になった。

2つの立場を経験して痛感したことは、「所詮、経理は利益を産まない部門だから」「法定監査だから仕方なく対応しているんだ」
という言葉に象徴されるように、「会計人が経営者から軽視されている」という事実だった。

「どうしたら、会計人が経営者から信頼され、真のパートナーになれるか?」を考えた。

「キャッシュ・フロー経営なのに、なぜ目標としてのキャッシュ・フロー予算がないのか?」という素朴な疑問から
一つのシステムを考案した。 「キャッシュ・フロー予算自動作成システム」である。

1996年から3年がかりで、製造業をモデルにEXCEL240枚のマクロでシミュレーション構築した。

最も大変だったのは、予算貸借対照表の貸借が合わず、その原因究明に膨大な時間を要したことだ。

しかし、キャッシュ・フロー予算実現のためには、部門別の月次予算貸借対照表を早く、正確に作成する必要がある。
EXCELのままでは困難だ。会計システムと同様に、予算を複式簿記化する「標準システム」が不可欠だ。

その解が、特許取得した「予算仕訳の自動処理」を基本コンセプトとする予算作成システム「予算会計エクスプレス」である。
予算仕訳の対象は会計数値、資金数値及び非会計数値である。

当該システムを利用して会計人が新たな経営領域で活躍してほしいと願う。  

株式会社スリー・シー・コンサルティング  代表取締役 児玉 厚

ページトップへ