HOME > 予算会計を学ぶ > 社長のほっと川柳


 予算会計を学ぶ

2018年5月18日

「ヒデキさん 情熱の嵐 永遠に!」

昨日、西條秀樹さん(63歳)の急死のニュースを聞いて驚いた。

私が中学1年生の時に、野口五郎が青いリンゴでスターになった。

中学2年生の時に17歳の西條秀樹が恋する季節でデビューした。

そして、中学3年生の時、郷ひろみが男の子女の子でデビューした。

新御三家としてトップスターとしてアイドル全盛期を飾っていた。

特に西條秀樹の人気は絶大だった。

長身で運動神経も抜群で、セクシーな歌声は女の子を心を奪う、カリスマ性があった。

特に印象的な歌がある。

「情熱の嵐」だ。

西條秀樹が歌詞を歌うと女性たちが「ヒデキ!」と相槌を入れる。

君が望むなら 生命をあげてもいい
「ヒデキ!」(女性達)

恋のためなら 悪魔に心
わたしても 悔やまない

その瞳 僕のもの
「ヒデキ!」(女性達)

この体 君のもの
「ヒデキ!」(女性達)

太陽が燃えるように 二人は愛を
永遠にきざもう

君が望むなら たとえ火の中も
「ヒデキ!」(女性達)

恋のためなら 怖れはしない
情熱の嵐よ

永遠のアイドル西條秀樹は歌詞のように世の女性たちのために命を差し出したのかも知れない。

でも、西條秀樹の 「情熱の嵐」はこれからも吹き続けるだろう。



メルマガ登録 メルマガ登録

ページトップへ